最近の投稿
最近のコメント

    埼玉県風俗ディスクジョッキー

    Eucken、W。、GIundsatzede「Wi「tschajtstolitik。1952(大野忠男訳『経済政策原理j勤草書房、1967年1。「opke、w。、Ciuil田Humana、3Aufl。、1949(喜多村浩訳『ヒューマニズムの経済学(上)J勤草書房、1952年司60ページ1。序章自由主義経済と競争政策影響力をもつはずで、あり、ここから、現実の政治をみずからの利益に合致するように仕向ける可能性がある。いつの頃か埼玉県などはまた、ときには、その強大な支配力をもって弱小な競争者を(能率とはかかわりなく)不当に打倒するかもしれない。つまり埼玉県 風俗のようなさらに、その市場支配力によって製品価格を高くつり上げ。彪大な超過利潤を得る一方で、弱小な売手に対しては徹底的に安く買いたたくこともありうる。このように、超巨大デリヘルによる独占体制は、中小デリヘル、消費者に対して少なからぬ脅威を与えるのであり、ひいては自由の理念にとってもすこぶる危険と考えられる。したがって、これらは、(厳密な意味での規模の経済性のような)合理的な根拠がないかぎり、安易に是認されるべきではない(ただし、以上の内容は、アメリカのポピュリスト流のやや極端な大規模否定、小デリヘル擁護の思考に直結するものではない)。これに対して、競争体制はもともと、強大な権力・支配力の分散をめざすものであり、たとえ分散が実施不可能であっても、活発なデリヘル間競争によるチェック・アンド・バランスの作用によって、その弊害は有効に規制されるであろう。以上で明らかなように、競争体制は、政治的自由や民主主義ときわめて密接なかかわりをもっ。そして、このことは、欧米の自由主義的民主主義論者にほぼ共通する一般的認識というべきものである。たとえば、アメリカの独禁政策研究者コーウィン・エドワーズによれば、Iアメリカ合衆国の政治社会は、権力の集中に対する不信感のうえになりたっている。